大阪 堀江,心斎橋のオーダー・リフォームジュエリー専門店

大阪、堀江・心斎橋のオーダー・リフォームジュエリー専門店『LiVES(ライブス)』 お問い合わせはこちら
  • HOME
  • タグ
  • クロムハーツ

クロムハーツのバングル折れました。

こんにちは 宝飾加工担当の佐藤です。

本日も修理のご紹介です。

今回はお客様がお持ちのバングルが折れたとのことで、補強修理のご紹介です。

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、ビフォー
こちらのバングルです。

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、ビフォー、断面図
断面がこちらです。

原因で多いのが、製品の製作方法での問題と
着脱時の取り扱いの問題(曲げ伸ばし)のどちらか・もしくは両方で起こります。

折れた際に断面部分が変形しているため、このまま溶接すると綺麗に仕上がらない、
強度がつかないのでまた折れるというふうになってしまいます 。

そこで中に補強材になるシルバーの丸線を入れることと、断面を綺麗に整えて
溶接の面積を大きくすることによって強度を中と外からつけて修理をします。

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、ビフォー、線引き
まずは補強する丸線を作ります。

線の太さは表面に影響の出ないギリギリまで太くします。

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、ビフォー、穴あけ前
線が出来ました。
続いてバングル本体に線を入れる穴を開けます。

修理では通常、穴あけはなるべく距離を長くとって断面から、前後約10mm ほど開けます。

ただ今回は折れた部分のすぐ横もヒビがあり、
もう少し長線を作り、差し込みます。

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、ビフォー、取り付け
差し込んだ状態です。

穴あけが正確にまっすぐ開けていれば断面が綺麗に合わさるようになります。
ここがうまくいかないと、仕上がり後に元の状態より細ってしまったり、
開けた穴が大きいと補強の意味がなくなります。
この種類の修理で一番神経を使うところになります。

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、ビフォー、取り付け中

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、ビフォー、取り付け完了
ちゃんと合わさる状態になっています。
続いて溶接・仕上げをして完成です。

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、ビフォー、溶接
ここは2番目に神経を使うところです。
銀は熱伝導がよく、1部を温めても全体が熱くなる性質があります。

大きいものを溶接するときは、全体を大きく温度の高い火を当てますので
他の部分をとかさないよう全体を確認しながら、作業します。

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、ビフォー、仕上げ前
溶接加工後の状態です。
銀は全体が白く変色します(酸化)ので、全体をくまなく仕上げます。

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、アフター、完成

またご覧いただければ幸いです。

 

ブログTOPへ

total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

 

2018/11
SunMonTueWedThuFriSat
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2018/12
SunMonTueWedThuFriSat
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
営業日・定休日のご案内
定休日:木曜日
営業時間:12:00~20:00
定休日・営業時間外のお問い合わせに関しましては、翌営業日以降に折り返しご連絡させていただきます。
下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
ページトップ
キーワードで検索
Feeds
サイト管理
total jewelry shop LiVES
〒550-0014
大阪府大阪市西区北堀江1-17-1 corビル1階103
TEL/FAX:06-6167-7107
E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

Copyright(C) LiVES. All Rights Reaceaved.