大阪 堀江,心斎橋のオーダー・リフォームジュエリー専門店

大阪、堀江・心斎橋のオーダー・リフォームジュエリー専門店『LiVES(ライブス)』 お問い合わせはこちら
  • HOME
  • タグ
  • 帯留め

帯どめの修理

こんにちは 宝飾加工担当の佐藤です。

本日も修理のご紹介です。

今回は帯どめの爪折れとゲタ(帯を通す部分)の交換修理のご紹介です。

シルバー 帯留め さんご 彫刻 薔薇 バラ 修理 爪折れ ゲタ交換

シルバー 帯留め さんご 彫刻 薔薇 バラ 修理 爪折れ ゲタ交換
こちらがお持ち込み時の状態です。

サンゴの爪が細いので折れています。
ここに同じ同素材でつめを制作し溶接します。
もともとついていた爪が細かったので、わずかなことですが、元より少し太くします。

シルバー 帯留め さんご 彫刻 薔薇 バラ 修理 爪折れ ゲタ交換
裏の状態です。
ゲタ部分の幅がお客様のお持ちの帯より細いので、銀素材で1から作ります。
まずは、このままでは加工ができないのでサンゴを外します。

シルバー 帯留め さんご 彫刻 薔薇 バラ 修理 爪折れ ゲタ交換 取り外し

取り外しました。
これからゲタと爪の交換作業になります。

シルバー 帯留め さんご 彫刻 薔薇 バラ 修理 爪折れ ゲタ交換 取り外し

まずゲタ部分のパーツを制作 溶接して、最後に爪を溶接します。
ゲタの部分は正面から見えると野暮ったくなるので、
帯留めを付けた状態で見えないように、ゲタの位置をずらします。
シルバー 帯留め さんご 彫刻 薔薇 バラ 修理 爪折れ ゲタ交換 取り外し

溶接後から最終仕上げ手前の状態です。ここからロジウムメッキをして
サンゴを留めて完成です。

シルバー 帯留め さんご 彫刻 薔薇 バラ 修理 爪折れ ゲタ交換 完成

左にあるのが取り外したゲタです。

シルバー 帯留め さんご 彫刻 薔薇 バラ 修理 爪折れ ゲタ交換 完成

サンゴの穴部分にしっかり噛んでいるのが確認できます。

シルバー 帯留め さんご 彫刻 薔薇 バラ 修理 爪折れ ゲタ交換 取り外し

最後に爪の留まりと板の仕上げが確認できたので、完成です。

よそで断られたり、保証書のない他店のブランドのお修理も取り組んでおりますので、
お気軽にご相談ください。

またご覧いただければ幸いです。


ブログTOPへ
total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.n

2018/11
SunMonTueWedThuFriSat
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2018/12
SunMonTueWedThuFriSat
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
営業日・定休日のご案内
定休日:木曜日
営業時間:12:00~20:00
定休日・営業時間外のお問い合わせに関しましては、翌営業日以降に折り返しご連絡させていただきます。
下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
ページトップ
キーワードで検索
Feeds
サイト管理
total jewelry shop LiVES
〒550-0014
大阪府大阪市西区北堀江1-17-1 corビル1階103
TEL/FAX:06-6167-7107
E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

Copyright(C) LiVES. All Rights Reaceaved.