大阪 堀江,心斎橋のオーダー・リフォームジュエリー専門店

大阪、堀江・心斎橋のオーダー・リフォームジュエリー専門店『LiVES(ライブス)』 お問い合わせはこちら
  • HOME
  • Archives
  • 2016-02

ジュエリー豆知識その4「ツメ留とフクリン留」

「ツメ」と「フクリン」どっちがお好みですか?

こんばんは、ichiです。
さてさて、今回はジュエリー豆知識その4「ツメ留とフクリン留」です。

どちらもジュエリー業界では定番の石を固定する方法です。

「ツメ留」というと、例えば・・・

k18 ダイア ダイヤモンド 指輪 オーダーメイド リフォーム 4本爪 石留 ラフカット リング

↑K18ラフカット、ダイアモンドリング

画像の指輪はダイアモンドを爪で留めてます。
石留の中で一番スタンダードな「4本爪」と呼ばれる留め方で
四方から石を抑える事で、しっかりとした安定感があります。

ツメ留には3本、4本、6本と留める爪が何本あるか
それによって強度や一本の爪の太さが決まってきます。

例えば、石が大きいけど、それほど爪は大きくしたくない。
そういう時は・・・

琥珀 アンバー K18 爪留 ペンダント ロケット フィレンツェ彫り オーダーメイド リフォーム 唐草

↑K18フィレンツェ彫り、アンバー(琥珀)ペンダント

琥珀のペンダントは8本爪によるツメ留です。
爪の太さや配置は、強度はもちろん石のカットやデザインに大きく左右されるので。
爪でさえデザインの一部として考える必要があります。

カットによって爪の配置を変えたのが・・・

ダイヤモンド ラフダイヤモンド 原石 ホワイトサファイア スライス ハーキマーダイヤモンド 水晶 ホワイトジルコン 指輪 オーダーメイド リフォーム

↑宝石色々PT999リング
「ラフダイヤモンド、 ホワイトサファイアスライス
ハーキマーダイヤモンド、水晶、ホワイトジルコン」

ラフカットやスライスカット、はたまた原石でも!
しっかりと固定できるのが「ツメ留」の良いところですね。

さて、優秀な「ツメ留」に対して「フクリン留」はといいいますと・・・
例えるなら「シンプル」という言葉が一番合うかもしれません。

pt900 ダイア ダイヤモンド プラチナ フクリン留 オーダーメイド リフォーム 

↑PT900ダイアモンドリング

石全体、もしくは一部を覆うように留める方法です。
漢字は覆う輪と書いて「覆輪(フクリン)」石を覆う箇所全てが爪だと考えてください。

フクリン留のよい所はそのシンプルさでしょう。
全体を覆う事はもちろん

ブラックオパール ダイアモンド K18 オーダーメイド リフォーム フクリン留

↑K18ブラックオパール、ダイアモンドリング

指輪の流れに合わせて両サイドだけ留める方法もあります。
また、ドーム型のカボションカットという形状の石にはよく用いられますね。
石に高さがあると、「ツメ留」ではしっかりと固定する事が難しい場合もあるんです。

K18 ブラックオパール ヘアライン オーダーメイド リフォーム 指輪 リング フクリン留

↑K18ブラックオパールリング

石の表情を邪魔しないのもフクリン留の良い所ですね。
デザインとしてのシンプルさもあるので、最近では結構人気が高いと思います。

「ツメ留」も「フクリン留」もそれぞれに良い所があるので
宝石の種類やカット、使用するジュエリーのデザインにあった留め方が一番です。
もちろん、着用される方の好みが一番大切ですけどね。

ブログTOPへ

total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

 

 

クロムハーツのバングル折れました。

こんにちは 宝飾加工担当の佐藤です。

本日も修理のご紹介です。

今回はお客様がお持ちのバングルが折れたとのことで、補強修理のご紹介です。

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、ビフォー
こちらのバングルです。

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、ビフォー、断面図
断面がこちらです。

原因で多いのが、製品の製作方法での問題と
着脱時の取り扱いの問題(曲げ伸ばし)のどちらか・もしくは両方で起こります。

折れた際に断面部分が変形しているため、このまま溶接すると綺麗に仕上がらない、
強度がつかないのでまた折れるというふうになってしまいます 。

そこで中に補強材になるシルバーの丸線を入れることと、断面を綺麗に整えて
溶接の面積を大きくすることによって強度を中と外からつけて修理をします。

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、ビフォー、線引き
まずは補強する丸線を作ります。

線の太さは表面に影響の出ないギリギリまで太くします。

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、ビフォー、穴あけ前
線が出来ました。
続いてバングル本体に線を入れる穴を開けます。

修理では通常、穴あけはなるべく距離を長くとって断面から、前後約10mm ほど開けます。

ただ今回は折れた部分のすぐ横もヒビがあり、
もう少し長線を作り、差し込みます。

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、ビフォー、取り付け
差し込んだ状態です。

穴あけが正確にまっすぐ開けていれば断面が綺麗に合わさるようになります。
ここがうまくいかないと、仕上がり後に元の状態より細ってしまったり、
開けた穴が大きいと補強の意味がなくなります。
この種類の修理で一番神経を使うところになります。

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、ビフォー、取り付け中

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、ビフォー、取り付け完了
ちゃんと合わさる状態になっています。
続いて溶接・仕上げをして完成です。

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、ビフォー、溶接
ここは2番目に神経を使うところです。
銀は熱伝導がよく、1部を温めても全体が熱くなる性質があります。

大きいものを溶接するときは、全体を大きく温度の高い火を当てますので
他の部分をとかさないよう全体を確認しながら、作業します。

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、ビフォー、仕上げ前
溶接加工後の状態です。
銀は全体が白く変色します(酸化)ので、全体をくまなく仕上げます。

クロムハーツ、シルバー、バングル、折れ、修理、アフター、完成

またご覧いただければ幸いです。

 

ブログTOPへ

total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

 

ジュエリー豆知識その3 「プラチナの歴史」

「プラチナ」の和名は「白金」・・・でも金じゃない!!
こんばんは、ichiです。

さて、レアメタルと言われる金属の中でもかなり高価な部類に入る「プラチナ」
融点は1,768度と、銀や金に比べてかなりの高温じゃないと溶けません。

その為、現在のようなデザイン、加工方法になったのは意外と最近なんです。

プラチナ ダイアモンド ピアス ペンダント 和風 オーダーメイド リフォーム pt900 k18 トップ

↑「PT900ダイアモンドペンダント、PT900・K18ダイアモンドピアス」
一般的にイメージするプラチナジュエリーの形は、長い歴史の中では結構最近から。

プラチナが誕生したのは20億年も前らしいです。
ちなみに最古のプラチナ製品はこちら↓

プラチナ テーベの小箱 エジプト 紀元前 

紀元前720年頃エジプト 「テーベの小箱」

現在はルーブル美術館にあるそうです。
エジプトは金!ってイメージでしたが、プラチナも使ってたんですね。

指輪 プラチナ ダイアモンド オーダーメイド リフォーム 猫 エンゲージリング pt900

↑「ネコモチーフのエンゲージリングPt900」
エジプトではネコは神聖な生き物だったなので、ネコ繋がりです。

10世紀頃には南米でも使用されてたプラチナ
でも、まだ溶かして指輪にやペンダントにって程の加工は出来ず
粒上の粒金細工として使用されていたそうです。

16世紀頃は、スペイン軍が中南米からプラチナを銀と間違えて持ち帰ったものの
銀の加工方法ではプラチナを扱うことができず、廃棄処分になったという・・・
今だったら大変な事件ですね笑
実は当時のヨーロッパでは、プラチナって知られていなかったのです。

じゃぁ、いつからジュエリーっぽくなったのか?
・・・それは、18世紀頃、ルイ16世の頃ぐらいでしょうか?
って!10世紀の南米から数えること約800年!!
プラチナの下積み時代は長かった。。。

でも、プラチナのジュエリーとしての価値を現在にまで高めたのは
カルティエの3代目 ルイ・カルティエです。

カルティエがプラチナの加工方法を飛躍的に高めた事で
現在のようなジュエリーとして発展しました。

カルティエ・・・さすが一流ブランドですね!

ブログTOPへ

total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

エンゲージリング(婚約指輪)のデザイン選びは重要です。

こんにちは 宝飾加工担当の佐藤です。

本日も修理のご紹介です。

今回はお客様がお持ちのリングのダイヤが揺れて外れそうとの事で
ダイヤを取れない様に加工する修理のご紹介です。

正面からみた画像ではわかりにくいのですが、

プラチナ ダイヤ リング エンゲージ ビフォー

横から見ていただくと爪だけで石を固定しているのが分かります。

プラチナ ダイヤ リング エンゲージ ビフォー

 

エンゲージリング(婚約指輪)のようなタイプにある、
真ん中にダイヤが留まっていてリングの上下で挟んでいるように見えるデザインです。

石が2点の爪で留めているものなので、長年使いリングが変形したとき、
爪の隙間から服やものがひかかったりすると
ダイヤが取れてしまうということが後々出てきやすいです。

プラチナ ダイヤ リング エンゲージ ビフォー 石はずし

リングは手に付けるものなので日常生活で物に当たる・擦れるなど
デザインだけではなく耐久性も求められる部分になります。

今回はダイヤの爪の間に石座を作ってリングの変形に対する強度アップと
ダイヤが取れないようにするのが主な目的で制作します。

プラチナ ダイヤ リング エンゲージ ビフォー 石座

まずはダイヤを外してリングと同じ素材のプラチナの丸線を用意します。

プラチナ ダイヤ リング エンゲージ ビフォー 石座

またここから、ダイヤの大きさに合わせて石座になる輪を作っていきます。

プラチナ ダイヤ リング エンゲージ ビフォー 石座

次はダイヤの下部分のとがり(パビリオン)に合わせて輪の内側を削り、
リングの設置の後の様子を見ていきます。設置が確認できたら溶接をします。
爪の部分も厚みをつけて石留め後の強度をつけました。

プラチナ ダイヤ リング エンゲージ ビフォー 石座
溶接が終わりましたので今度は石留めと仕上げをして完成です。

これで出来上がりです。

プラチナ ダイヤ リング エンゲージ ビフォープラチナ ダイヤ リング エンゲージ アフター
またご覧いただければ幸いです。

 

ブログTOPへ

total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

 

KABUKI 歌舞伎絵看板展

念願の、、、逸翁美術館-ITSUO MUSEUM-

逸翁美術館の広告は美しくいつも後ろ髪惹かれます。
歌舞伎 美術館 ART KABUKI 和物 デザイン カラー 

このポスターの配色が気になって衝動に駆られて

和‼ しかも歌舞伎の躍動感のありそうな表現法を見たくて

はるばる大阪は池田市へビューーン‼

明治時代 世は文明開化。。。
とは思えないカラフルな配色で描かれていました。

登場動物がユニークに描かれ、みんな顔が同じだったな(笑)。。。
登場人物の着物の家紋かっこよかった。

ただ、出口寸前の一角にあったデカい福助の年賀状が

粋IKIすぎて 一番長く観覧していたかも。。。(笑)

お土産コーナーで一番盛り上がる。ってゆう、美術館あるある。

次は3月1日から始まるKAZARI-MIHO MUEUM-へ行こ。

ciao!!  Kumiko.M

ブログTOPへ

total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

2019/4
SunMonTueWedThuFriSat
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2019/5
SunMonTueWedThuFriSat
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
営業日・定休日のご案内
定休日:火曜日
営業時間:11:30~20:00
定休日・営業時間外のお問い合わせに関しましては、翌営業日以降に折り返しご連絡させていただきます。
下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
ページトップ
キーワードで検索
Feeds
サイト管理
total jewelry shop LiVES
〒550-0014
大阪府大阪市西区北堀江1-17-1 corビル1階103
TEL/FAX:06-6167-7107
E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

Copyright(C) LiVES. All Rights Reaceaved.