大阪なんばのオーダー・リフォームジュエリー専門店

大阪なんばのオーダー・リフォームジュエリー専門店 Livesのスタッフブログ お問い合わせはこちら
  • HOME
  • タグ
  • バックル

ベルトのバックル修理しました。(特殊です)

こんにちは 宝飾加工担当の佐藤です。

本日も修理のご紹介です。

今回はベルトの爪折れ修理のご紹介です。

当店では他店に断られた修理も取り組んでおります。
今回のバックルもできるかどうか 判断しにくいお品でした。

同じようなお悩みの方をお持ちの方に向けて記載しておりますが、
壊れている状態により 修理の可否がある案件です。

ご依頼をお考えの方は1度お問い合わせくださいませ。

お客様からもリスクがあることを承知でお修理をしております。


こちらがお持ち込み時の状態です。

爪の一部を残して折れてしまっています。
ベルトのバックルで一番負荷のかかるところなので、
修理する際に 強度が必要です。

真鍮なので通常の火を使った溶接ができませんので、
ハンダ溶接で修理をします。

修理の方法は 残った爪のパーツを利用して強度の確保をします。

ちなみに爪の形の見本で もう一つバックルをお預かりしました。
これを見本に爪のパーツを手作りします


パーツ制作にあたって 元となるバックルと同じ真鍮を使います。
真鍮のパイプと真鍮棒を組み合わせて 爪を作ります。

見本を参考にしながら、爪の角度に合わせて パイプをまげます。
このパイプ部分に バックルに残った爪をかぶせて 負荷がかかっても
折れないようにします。


次に爪の大きさに切り取り 角度をつけた状態で溶接します。

溶接が出来たら、パーツを一度きれいに仕上げてから
で取り付け作業に行きます。


パーツができたら、バックルに残った爪にかぶせて
ハンダでつけて仕上げます。

注意:ハンダ溶接は溶接の材料が鉛の金属で 硬度は柔らかい素材です。
基本的に負荷のかかる部分の修理に使うには向かないものです。

ただし、今回はバックルの爪の根元が残っていたのと、
パイプ状にしたパーツをつけることにより 出来た方法でした。

最後に試着して強度確認をしたら完成です。

【加工内容・価格】
バックル爪折れ(特殊修理・パーツ制作 はんだ溶接) ¥6000(¥6480)

【期間】 1週間

よそで断られたり、保証書のない他店のブランドのお修理も取り組んでおりますので、
お気軽にご相談ください。

またご覧いただければ幸いです。

ブログTOPへ
total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

2017/8
SunMonTueWedThuFriSat
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2017/9
SunMonTueWedThuFriSat
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
営業日・定休日のご案内
定休日:木曜日
営業時間:12:00~20:00
定休日・営業時間外のお問い合わせに関しましては、翌営業日以降に折り返しご連絡させていただきます。
下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
ページトップ
キーワードで検索
Feeds
サイト管理
total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107
E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

Copyright(C) LiVES. All Rights Reaceaved.