大阪なんばのオーダー・リフォームジュエリー専門店

大阪なんばのオーダー・リフォームジュエリー専門店 Livesのスタッフブログ お問い合わせはこちら
  • HOME
  • タグ
  • ジュエリーの歴史

美術館のご紹介in三年坂

こんにちは。
雨がやみ、涼しい風の中、ライブスにもお立ち寄りいただき有難うございます!

恒例の美術館のご案内をしていたら、ジュエリー関係の先生からお声が掛かりました
というわけで今回は、こちら!
京都の東山には坂道で始まり坂道で終わる 八坂神社や清水寺・高台寺など京都三大観光スポットがあります!

京都 東山 三年坂 三年坂美術館 ART京都 東山 三年坂 三年坂美術館 ART
その中の三年坂を上っていきます。
ココには三年坂美術館!!
この地域も昔、たくさんの鍛冶職人や国宝級の伝統工芸の職人さんたちで賑わっていた時代がありました

日本の装身具(ジュエリー)の歴史はこちらの美術館とも通ずるんです
日本の歴史を辿ると奈良時代末~幕末明治時代までの約1100年間は
装身具か姿を消した空白の時代と言われてきました
詳しく記載されているサイトのご紹介はこちら

三年坂美術館には、その時代に日本から一度海外に流出した作品を展示しておられます。
館長さん自らが日本に持ち帰ってきた、印籠から始まり沢山の蒔絵、七宝、金工が展示されています
全て館長さんの私物品なんです

京都 三年坂美術館 ART 明治時代 装身具 七宝 京薩摩 金工 伝統工芸京都 三年坂美術館 ART 明治時代 装身具 七宝 京薩摩 金工 伝統工芸
すっきりとした館内は 時空を超えれそうな静けさです

京都 三年坂美術館 ART 明治時代 装身具 七宝 京薩摩 金工 伝統工芸
たけのこ。 リアルです。素材をチェックしたいと思います

午後は、国立近代美術館でバンクリーフ&アーベルへ!
休日に美術館を詰め込みました
皆さまも京都へ行かれた際には是非 覗かれては?

ホームページにてメモリアルジュエリーの新着が上がりましたので
こちらもご紹介させてください。事例集はこちら

なんば ジュエリー ショップ 工房 ハンドメイド プラチナ ダイアモンド リング ペンダント メモリアルジュエリー

クローバーをモチーフにペンダントとリングのセットジュエリーです
プラチナ ダイアモンド 使用しています
しっかりと存在感のあるジュエリー
毎日着けて戴けてありがとうございます!

明日木曜日はライブスの定休日となります。
金曜日からのご来店もお待ちしております!
7月前半の打ち合わせご予約もどんどん受付しております!

ciao!
K.Matsushita
ブログTOPへ
total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp
creema URL: https://www.creema.jp/c/lives-jewelry/item/onsale
iichi URL : https://www.iichi.com/shop/lives

ムガール皇帝マハラジャの宝石

今日は美術館情報をご案内いたしま~す‼!

ご存知の方は少ないのではないでしょうか??
滋賀県は石山駅からバスで50分乗車して山中にある 大自然の美術館です

10/1~12/11までの期間限定
MIHO MUSEUM~2016年秋季特別展~

半年待ちました。私の中で10月のビッグイベントNo.1!
1500年代(16世紀)のムガール帝国(インド近辺の国々)の帝王たちのジュエリー

リンクはこちら
宝石の原点  歴史を見に行ってきました
ミホ美術館 ミホミュージアム MIHOMUZEUM 期間限定 宝石 ルビー エメラルド サファイア ダイアモンド 装飾 ひすい ネックレス リング ブローチ 壺 宝石の原点 歴史 デザイナー ジュエリー
写真;MIHOMUSEUM より

当時の美学は 原石の石をリカットする事はなく表面を滑らかに整えるだけ
出来るだけ大きさを優先して装飾していました

宝石が放つ光の反射の輝きは現代程なく、ものすごく大きな塊の宝石がごろごろ
ただただ透明感と、色の鮮やかな存在感が際立っていました

平(テーブルカット)か、丸(カボションカット)がほとんどの石を
当時の職人たちは 石の裏に 金箔・銀箔を貼って光を反射していたのです

その技法のジュエリーがこちら
マハラジャ 宝石 ジュエリー バングル ルビー 金 ダイアモンド 七宝 金箔 銀箔 インド 16世紀
写真;Bijou de ARSNOVAさんより

裏側に気づきましたか?
そうなんです、いたるところまで繊細な細工が…七宝です

目を閉じれば…褐色の肌にゴールドとルビーのコントラストが際立って
当時の皇帝たちの華やかな時代が見える

181点の展示品は  絶対にここでしか見れない カラットの
ダイアモンド  エメラルド  サファイア  スピネル 水晶をくりぬいた壺 ルビー 達…

1回出口に出たんですが 足りなさすぎて 2周しました  (笑)
翡翠の展示品もあり こちらの彫刻技術も お見事でした

あ~も~最高でした!ここ オススメスポットです!
デザインのインスピレーションをちょうだいしに行ってきました

先週末と今日も沢山のご来店ありがとうございます!
明日のご来店も お待ちしておりま~す!!

ciao!
K.Matsushita
ブログTOPへ
total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

 

 

 

2017/10
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017/11
SunMonTueWedThuFriSat
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
営業日・定休日のご案内
定休日:木曜日
営業時間:12:00~20:00
定休日・営業時間外のお問い合わせに関しましては、翌営業日以降に折り返しご連絡させていただきます。
下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
ページトップ
キーワードで検索
Feeds
サイト管理
total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107
E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

Copyright(C) LiVES. All Rights Reaceaved.