大阪なんばのオーダー・リフォームジュエリー専門店

大阪なんばのオーダー・リフォームジュエリー専門店 Livesのスタッフブログ お問い合わせはこちら
  • HOME
  • タグ
  • クロムハーツ

シルバー製品が壊れる 理由の1つです。

こんにちは 宝飾加工担当の佐藤です。

本日は修理のご紹介です。

今回はクロムハーツのクロステイルリングが
割れたので直してほしいとのご依頼です。

chromehearts クロムハーツ クロステイルリング シルバーリング 割れ 修理前 chromehearts クロムハーツ クロステイルリング シルバーリング 割れ 修理前 

こちらがお持ち込みの状態です。
リングの割れの状態がひどい状態でした。
割れた部分とは別に数か所ヒビが入っていました。

割れとヒビはこのリングの
シルバーの制作上の問題が原因のようです。

ジュエリーの制作方法は大まかに2種類あり、そのうちの一つロストワックス製法です。
ロストワックス製法とはWAX(プラスチックのような硬さのリングやペンダントの原型を作るためのもの)
という材料を使い、削って制作した原型を石こうで型をとり、その後、電気炉でWAXを溶かして 残った石膏(せっこう)の型に金属を流し込んで
製品を作ることから「ロストワックス」と名付けられた製法です。形状・材質が自由で立体的なものや量産で使われる加工方法です。

参考ですが大まかな制作の流れです。

出典 http://www.choukin-school.com/

WAXを溶かして鋳型(いがた)に貴金属を流し込時に気泡や ガスが発生し、
貴金属に混ざることがあります。

今回はこのガスなどがリングの中にいて、
地金がスポンジ状で 変形する力に耐えられず、
折れてしまったようです。

リングを直す上でヒビも直さないとまた壊れますので、
合わせて修理する前にそれぞれのヒビ割れを溶接します。
chromehearts クロムハーツ クロステイルリング シルバーリング 割れ 修理 ロウ付け

chromehearts クロムハーツ クロステイルリング シルバーリング 割れ 修理 ロウ付け
刻印が近くにあるので注意しながら溶接します。
ここからリングになるように最後の折れている部分を溶接します。

chromehearts クロムハーツ クロステイルリング シルバーリング 割れ 修理 ロウ付け
ヒビ埋めと溶接がおわった状態です。

ここから仕上げ作業に入っていきます。
まずリングのゆがみを直し、
表面のヒビと荒れをとります。
chromehearts クロムハーツ クロステイルリング シルバーリング 割れ 修理 いぶし
いぶしをした状態です。
ここから仕上げをして完成です。

chromehearts クロムハーツ クロステイルリング シルバーリング 割れ 修理 仕上げchromehearts クロムハーツ クロステイルリング シルバーリング 割れ 修理 完成

完成しました。
これでまた使っていただけるようになりました。

よそで断られたり、保証書のない他店のブランドのお修理も取り組んでおりますので、
お気軽にご相談ください。

またご覧いただければ幸いです。


ブログTOPへ
total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

Chrome Heartsキーチェーンのフック修理。

こんにちは 宝飾加工担当の佐藤です。

本日も修理のご紹介です。

今回はキーチェーンの金具の中でばねが折れたので、ばね交換 修理のご紹介です。

chrom hearts クロムハーツ シルバー キーチェーン フック金具 修理 バネ交換前chrom hearts クロムハーツ シルバー キーチェーン フック金具 修理 バネ交換前

こちらがお持ち込み時の状態です。

ばねが中で折れていてクリップの開閉がスカスカになっています。
ばらしてばねを交換して 再度組み上げます。
組み上げの際に ひと工夫して、今後も修理のしやすいようにします。

と言いますのもバネのパーツは鉄製が多く、
水気でさびて 開閉の際に折れるのが原因です。

当店では錆に強いステンレスのばねに交換しますが、使用の条件によってまれに錆が起きるようです。
それと開閉動作によって金属疲労で折れる場合もあるようです。

上記のトラブルに対応できるように 今回修理の仕方を少し改善しています。

chrom hearts クロムハーツ シルバー キーチェーン フック金具 修理 バラシchrom hearts クロムハーツ シルバー キーチェーン フック金具 修理 バラシ

初めに折れたばねを取り出すのに、芯棒が溶接されていたので切り取りました。
まず、切った芯棒に穴をあけてシルバーの新しい芯棒を作ります。

chrom hearts クロムハーツ シルバー キーチェーン フック金具 修理 バネ交換 留めchrom hearts クロムハーツ シルバー キーチェーン フック金具 修理 バネ交換 留め

左:パーツを溶接した状態です。
右: ばねを作り、仮組の状態です。

ここからフックを開け閉めしてばねが効いているかの確認と
フックの閉まり具合の確認をしました。
ここで一度フック金具と芯棒をかしめます。

こうすることによってフックが使用していくと 起きる削りによる フックのゆるみを防ぎます。

chrom hearts クロムハーツ シルバー キーチェーン フック金具 修理 バネ交換 留め

次に金具に上下を締める丸いパーツを制作して、芯棒に通します。
ここでまた、かしめます。

chrom hearts クロムハーツ シルバー キーチェーン フック金具 修理 バネ交換 かしめ留めchrom hearts クロムハーツ シルバー キーチェーン フック金具 修理 バネ交換 留め

かしめた状態です。

なぜ、このような加工をするのかと言うと、
かしめる事によって、また金具の中でばねが折れたときに、
手間をかけず、バネ交換と再カシメで対応できるようにするためです。

最初このお品のパーツをばらした時と同じように
パーツを切って・シルバーの線を作って・立て直して・溶接して・仕上げする
となると同じように手間もお金もかかります。

次回の修理が起きたときに簡単になおして使える事と
二回 かしめの加工をすることで 強度も確保しています。

chrom hearts クロムハーツ シルバー キーチェーン フック金具 修理 バネ交換 レーザー溶接chrom hearts クロムハーツ シルバー キーチェーン フック金具 修理 バネ交換 レーザー溶接

最後にかしめた部分を レーザー溶接で消して、全体を仕上げたら完成です。

chrom hearts クロムハーツ シルバー キーチェーン フック金具 修理 バネ交換 完成chrom hearts クロムハーツ シルバー キーチェーン フック金具 修理 バネ交換 完成

よそで断られたお修理も取り組んでおりますので、お気軽にご相談ください。

またご覧いただければ幸いです。


ブログTOPへ
total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

クロムのカスタムも受け付けております。

こんにちは 宝飾加工担当の佐藤です。

今回はクロムハーツのクロスペンダントにバチカンをつける、
カスタム加工のご紹介です。

クロムハーツ CHクロスペンダントwithベイル バチカン制作 カスタム 加工前
こちらがお持ち込みの状態です。

バチカンはトップとチェーンを通すためのパーツのことを
いいます。

クロムハーツのクロスをお持ちで、通常のクロスだけではチェーンがきれいに通りません。
クロムハーツのペーパーチェーンやレザーのネックレスに通して使いたい、
スムーズにトップが通るようにしたいというアフター加工のご希望で制作したものです。

元はクロムハーツの初期のころにできたそうで、
クロムハーツCHクロスペンダントwithベイル
の名前で製品があります。
クロムハーツ CHクロスペンダントwithベイル バチカン制作 カスタム 加工前
こちらはトップは持っていてアフターダイヤ加工をされたのですが、
ペーパーチェーンにつけたいので、ベイルタイプに加工します。
クロムハーツ CHクロスペンダントwithベイル バチカン制作 カスタム 加工前
裏面です。

クロムハーツ CHクロスペンダントwithベイル バチカン制作 カスタム 加工後
こちらがベイルタイプに加工した状態です。
輪とバチカンそれぞれを シルバーでパーツ制作して輪を切って
バチカン・クロスを通して 最後に輪の溶接をします。

一番最後にいぶし加工をして、全体をピカピカに仕上げて完成です。

クロムハーツ CHクロスペンダントwithベイル バチカン制作 カスタム 加工後

クロムハーツのベイルタイプの加工はクロス以外にもあります。
クロムハーツの刻印はありませんが、ベイルタイプのカスタム加工は受け付けております。
お気軽にご相談ください。

またご覧いただければ幸いです。

過去のカスタム事例です。

ブログTOPへ
total jewelry shop LiVES

〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C

TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

 

ブレスレットの修理続き

こんにちは

宝飾加工担当の佐藤です。

前回のシルバーブレスレットの修理の続きです。

前回はバネ交換まで作業が終わりましたので続いてクリップの止めパーツを設置していきます。
1枚目が最初の状態です。

シルバーアクセサリー シルバーブレスレット バネ交換 ジュエリー修理 ビフォーシルバーアクセサリー シルバーブレスレット バネ交換 ジュエリー修理 加工途中

2枚目が前回の金具の取り付けが出来た状態になります。

2枚目の画像右下のパーツを加工していきます。

修理での依頼を受けた状態ではネジのような部分が細く痩せていて、簡単に外れてしまいました。
クリップ開閉時に負荷のかかかる部分になるので、修理するにあたって簡単に抜けないように
ネジのような溝をつけて抜けにくくすることと、
芯自体を太いものに作り替えるのと、棒に溝を入れることによって、より外れにくくします。

シルバーアクセサリー シルバーブレスレット バネ交換 ジュエリー修理 加工途中2
パーツが入る部分の直径より太い銀の棒から
ネジのような溝をつけたパーツを作り、飾り部分と溶接します。

 

シルバーアクセサリー シルバーブレスレット バネ交換 ジュエリー修理 カシメ加工
今度はクリップに取り付けていきます。

棒が太いので裏から叩いて留めていきます。

シルバーアクセサリー シルバーブレスレット バネ交換 ジュエリー修理 カシメ加工

 

シルバーアクセサリー シルバーブレスレット バネ交換 ジュエリー修理 ビフォー
留め作業が終わりました。
この時にクリップを何回も開閉して外れないか確認します。

この作業が最終段階での重要なところです。
とにかく何回も強く引っ張り開け閉めをして強度の確認と
ゆっくり開け閉めをしてクリップの合わせの状態を 確認します。

大丈夫だったので、ここから仕上げ作業をして完成です。
シルバーアクセサリー シルバーブレスレット バネ交換 ジュエリー修理 アフター
出来上がりました。

またご覧いただければ幸いです。

前回の記事はこちら

ブログTOPへ

total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

 

工房からの紹介

こんにちは 宝飾加工担当の佐藤です。

工房でのオーダー・修理などの制作工程をお見せしながら
どうやって直しているのか、使用に関しての注意点などを、
定期的に工房通信として、ご紹介いたしますので
ジュエリー購入の際の予備知識に または エンターテイメントとしてお楽しみいただければと思います。

最近では他店のジュエリー加工のサイトさんでも工程を載せているところもありますが、
他店で修理を断られたものや、制作のより細かい工程を職人目線で紹介してまいります。

では早速、シルバーアクセサリーの修理の工程を紹介いたします。

今回は見てのとおり ばね折れ修理です。

バネが鉄製であることで強く閉めて外れにくくできる利点がありますが、
鉄製は水気に弱くつけたまま手を洗ったり、水気を取らないで置いておくと
やがて開閉する負荷に耐え切れなくなって折れてしまいます。

今回はそういうことが原因で壊れた金具を直します。

シルバーアクセサリー シルバーブレスレット バネ交換 ジュエリー修理 ビフォー

まずはバネを錆びにくいステンレス製のものに作り変えます。

バネの巻き方が海外製では日本と逆巻の物があり、対応できなかったりします。

また、金具の内部構造のスペースにより、バネの大きさに違いがでます。
この製品も既製のバネでは対応できないので、元のバネと同じ線の太さ・大きさで製作しました。
シルバーアクセサリー シルバーブレスレット バネ交換 ジュエリー修理 ビフォー

シルバーアクセサリー シルバーブレスレット バネ交換 ジュエリー修理 ビフォー

次は内部のサビをとり、バネの取り付けになります。

シルバーアクセサリー シルバーブレスレット バネ交換 ジュエリー修理 ビフォー

ここから重要な設置の作業に入ります。

構造上クリップを開閉しますので、負担が掛かる箇所です。
この設置作業が甘いとまた壊れてしまう原因になるので、しっかり 強度を持たせます。

ここ(軸になる部分)は鉄製の棒(たがね)で銀の地金部分を叩いて寄せて金具をしっかりと合わせて、抜けないようにします。
シルバーアクセサリー シルバーブレスレット バネ交換 ジュエリー修理 ビフォー
軸がしっかり固定できていれば、金具の空いている隙間がなくなります。

シルバーアクセサリー シルバーブレスレット バネ交換 ジュエリー修理 ビフォー

シルバーアクセサリー シルバーブレスレット バネ交換 ジュエリー修理 ビフォー

 

上手く固定できたようです。

次回、留め金部分の制作・設置と仕上げのご紹介です。

またご覧いただければ幸いです。

続きの記事はこちら

ブログTOPへ

total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

 

2017/10
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017/11
SunMonTueWedThuFriSat
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
営業日・定休日のご案内
定休日:木曜日
営業時間:12:00~20:00
定休日・営業時間外のお問い合わせに関しましては、翌営業日以降に折り返しご連絡させていただきます。
下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
ページトップ
キーワードで検索
Feeds
サイト管理
total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107
E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

Copyright(C) LiVES. All Rights Reaceaved.