大阪なんばのオーダー・リフォームジュエリー専門店

大阪なんばのオーダー・リフォームジュエリー専門店 Livesのスタッフブログ お問い合わせはこちら
  • HOME
  • タグ
  • カルティエ

Cartier ロゴリングのアフターダイヤ

こんにちは 宝飾加工担当の佐藤です。

本日はアフターダイヤのご紹介です。

今回はカルティエ ロゴリングのご紹介です。
cartier カルティエ ロゴリング カスタム アフターダイヤ 加工前
こちらがお持ち込み時の状態です。

ペンで印をつけているところにダイヤとルビーを入れます。

cartier カルティエ ロゴリング カスタム アフターダイヤ 加工前
内側にも宝石を入れます。

cartir カルティエ ロゴリング カスタム アフターダイヤ 加工後cartir カルティエ ロゴリング カスタム アフターダイヤ 加工後

こちらが彫り留め後です。
ここから彫留め後のバリを取って、仕上げとメッキをします。

cartir カルティエ ロゴリング カスタム アフターダイヤ 加工後

こちらが完成です

cartir カルティエ ロゴリング カスタム アフターダイヤ 加工後
最終の磨き仕上げを行い、完成です。

お客様のご希望の宝石を カスタムでつけて
自分のオリジナルのジュエリーにしてみてはいかがでしょうか?

またご覧いただければ幸いです。

アフターダイヤについて追記しました。続きはこちら

ブログTOPへ
total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

カルティエ スリーゴールドリングのサイズ直し

こんにちは 宝飾加工担当の佐藤です。

本日も修理のご紹介です。

今回は消防署でカットされたリングを持ち込まれて、
サイズを大きくして欲しいとのご相談で来られました。
複数の地金が組み合わさったリングの大幅なサイズアップのご紹介です。
Cartir カルティエ トリニティスリーゴールドリング  K18 750 ゴールド サイズ直し リングカット 
こちらがお持ち込み時の状態です。

表面はイエロー・ホワイト・ピンクの三色のゴールドで作られているのがわかります。

リングの指に触れる内側の部分はホワイトゴールドが使われていまして、
サイズアップ分に必要なパーツは4つ作って1つのパーツにしなければいけないのが
分かりました。

Cartir カルティエ トリニティスリーゴールドリング  K18 750 ゴールド サイズ直し 精錬 地金作り
まずはそれぞれのゴールドのパーツのための材料作りをします。

Cartir カルティエ トリニティスリーゴールドリング  K18 750 ゴールド サイズ直し 材料
指なじみ・オモテのピンクゴールド イエローゴールド ホワイトゴールド
それぞれ地金を溶かし制作して1つのパーツに溶接します。

Cartir カルティエ トリニティスリーゴールドリング  K18 750 ゴールド サイズ直し リングカット 

Cartir カルティエ トリニティスリーゴールドリング  K18 750 ゴールド サイズ直し 溶接
溶接後の状態です。

Cartir カルティエ トリニティスリーゴールドリング  K18 750 ゴールド サイズ直し 仕上げ
溝があるので、周りのデザインに馴染むように、高さを揃えて
成形し、最終の仕上げに取り掛かります。

サイズのアップ部分が段差になり目立つことがないように
調整しながら研磨作業をしていきます。
削りすぎと磨き過ぎによって、リング自体の厚みが薄くならないように
確認しながら作業をしました。

Cartir カルティエ トリニティスリーゴールドリング  K18 750 ゴールド サイズ直し 完成 
最終の磨き仕上げを行い、完成です。

このような複数の地金のあるリングのサイズ直しも、可能な限り再現しております。
よそで断られたお修理も取り組んでおりますので、お気軽にご相談ください。

またご覧いただければ幸いです。


ブログTOPへ
total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

ジュエリー豆知識その3 「プラチナの歴史」

「プラチナ」の和名は「白金」・・・でも金じゃない!!
こんばんは、ichiです。

さて、レアメタルと言われる金属の中でもかなり高価な部類に入る「プラチナ」
融点は1,768度と、銀や金に比べてかなりの高温じゃないと溶けません。

その為、現在のようなデザイン、加工方法になったのは意外と最近なんです。

プラチナ ダイアモンド ピアス ペンダント 和風 オーダーメイド リフォーム pt900 k18 トップ

↑「PT900ダイアモンドペンダント、PT900・K18ダイアモンドピアス」
一般的にイメージするプラチナジュエリーの形は、長い歴史の中では結構最近から。

プラチナが誕生したのは20億年も前らしいです。
ちなみに最古のプラチナ製品はこちら↓

プラチナ テーベの小箱 エジプト 紀元前 

紀元前720年頃エジプト 「テーベの小箱」

現在はルーブル美術館にあるそうです。
エジプトは金!ってイメージでしたが、プラチナも使ってたんですね。

指輪 プラチナ ダイアモンド オーダーメイド リフォーム 猫 エンゲージリング pt900

↑「ネコモチーフのエンゲージリングPt900」
エジプトではネコは神聖な生き物だったなので、ネコ繋がりです。

10世紀頃には南米でも使用されてたプラチナ
でも、まだ溶かして指輪にやペンダントにって程の加工は出来ず
粒上の粒金細工として使用されていたそうです。

16世紀頃は、スペイン軍が中南米からプラチナを銀と間違えて持ち帰ったものの
銀の加工方法ではプラチナを扱うことができず、廃棄処分になったという・・・
今だったら大変な事件ですね笑
実は当時のヨーロッパでは、プラチナって知られていなかったのです。

じゃぁ、いつからジュエリーっぽくなったのか?
・・・それは、18世紀頃、ルイ16世の頃ぐらいでしょうか?
って!10世紀の南米から数えること約800年!!
プラチナの下積み時代は長かった。。。

でも、プラチナのジュエリーとしての価値を現在にまで高めたのは
カルティエの3代目 ルイ・カルティエです。

カルティエがプラチナの加工方法を飛躍的に高めた事で
現在のようなジュエリーとして発展しました。

カルティエ・・・さすが一流ブランドですね!

ブログTOPへ

total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

2017/12
SunMonTueWedThuFriSat
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2018/1
SunMonTueWedThuFriSat
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
営業日・定休日のご案内
定休日:木曜日
営業時間:12:00~20:00
定休日・営業時間外のお問い合わせに関しましては、翌営業日以降に折り返しご連絡させていただきます。
下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
ページトップ
キーワードで検索
Feeds
サイト管理
total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107
E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

Copyright(C) LiVES. All Rights Reaceaved.