大阪なんばのオーダー・リフォームジュエリー専門店

大阪なんばのオーダー・リフォームジュエリー専門店 Livesのスタッフブログ お問い合わせはこちら
  • HOME
  • タグ
  • ウォレットチェーン

A&Gのウォレットチェーンが根元から折れた!!

こんにちは 宝飾加工担当の佐藤です。

本日も修理のご紹介です。

今回はA&Gウォレットチェーンの金具の根元(クロスのボタン)が折れた修理のご紹介です。

チェーンについている金具はウォレットループです。

ウォレットループはチェーンがねじれないよう回転する輪っかのパーツです。
ウォレットチェーンの絡み防止のための重要なパーツです。

A&G シルバー ウォレットチェーン ウォレットループ クリップ修理 ばね折れ パーツ取り付け 修理
お持ち込みの状態です。

A&G シルバー ウォレットチェーン ウォレットループ クリップ修理 ばね折れ パーツ取り付け 修理A&G シルバー ウォレットチェーン ウォレットループ クリップ修理 ばね折れ パーツ取り付け 修理
加工前にクリップとチェーンを外しました。

ばねは無事でしたが、クリップの根元のウォレットループを留める金具が折れています。
ばねもかみ合わせが悪いようで 空間ができていました。
これも併せて修理いたします。

まずはクリップを解体して 折れたパーツの溶接をします。

A&G シルバー ウォレットチェーン ウォレットループ クリップ修理 ばね折れ 修理

クリップを外して分かったのですが、
去年ご紹介したばね交換【シルバーブレスレットのばね交換ですが、、、】と同じように
ハンダ付けでパーツの溶接がされていました。

前回はハンダが取りきれたのですが、今回の品はシルバー地金に食い込んでいたため
除去ができず、元と同じように直しました。

A&G シルバー ウォレットチェーン ウォレットループ クリップ修理 ばね折れ パーツ取り付け 修理
折れたパーツ(クロスのボタン)に シルバーで新しい芯棒を溶接にて取り付けます。

A&G シルバー ウォレットチェーン ウォレットループ クリップ修理 ばね折れ 修理
ここもロウ付けで加工しています。

取り付けの際にクリップとウォレットループが溶接されないように
注意しながら取り付けをします。

次はばね交換をしてクリップの組み立てをします。

A&G シルバー ウォレットチェーン ウォレットループ クリップ修理 ばね折れ 修理
クリップ加工前です。このときは かみ合わせが悪く
開閉するとガタガタを揺れていました。

A&G シルバー ウォレットチェーン ウォレットループ クリップ修理 ばね折れ パーツ取り付け 修理
ばね交換後 新しくパーツを作り、取り付けなおしました。
合わせもきれいにし、開閉のガタつきもなくなりました。

A&G シルバー ウォレットチェーン ウォレットループ クリップ修理 ばね折れ パーツ取り付け 修理

クリップパーツも取り付けたので 最後にクロスパーツを取り付け
仕上げ加工をして完成です。

A&G シルバー ウォレットチェーン ウォレットループ クリップ修理 ばね折れ パーツ取り付け 修理
最後に今回の修理内容と価格です。

【修理内容・価格】
クリップ金具折れ修理 (クリップ周辺仕上げ込) ¥15000
合計¥15000(¥16200)

注:新品仕上げが必要な場合、別途料金がかかります。

加工期間は1週間です。

よそで断られたお修理も取り組んでおりますので、お気軽にご相談ください。

またご覧いただければ幸いです。

ウォレットチェーンの修理事例はこちらでもご紹介しております。

ブログTOPへ
total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

ウォレットチェーンのクリップが壊れたので修理します。

こんにちは 宝飾加工担当の佐藤です。

本日も修理のご紹介です。

今回はウォレットチェーンのばね折れによる、パーツ交換修理のご紹介です。

シルバー ウォレットチェーン クリップ修理 ばね折れ 修理

こちらがお持ち込み時の状態です。

ばねが完全に折れていてクリップの開閉が出来なくなっています。
こちらを1度ばらしてばねを交換して 再度組み上げます。

シルバー ウォレットチェーン クリップ修理 ばね折れ 修理

もともとばね部分が芯棒でかしめられているので、芯棒を削り取り、ばらばらにします。

シルバー ウォレットチェーン クリップ修理 ばね折れ 修理

バラした状態です。

シルバー ウォレットチェーン クリップ修理 ばね折れ 修理

ばねの形・巻き方が一般のばねパーツでの交換が効かないため、
1からばねを制作します。

ばねは右巻き・左巻きがあり、制作したところにより違いがあります。

クリップ部分の修理では ばねの線の太さ・巻く回数等
お品によって違うので、基本的に交換の場合は1からばねを巻いて作る機会が多いです。

ばねの効きを確認したら、芯材を必要な長さまで切り、かしめます。

シルバー ウォレットチェーン クリップ修理 ばね折れ 修理

最後にかしめた部分を レーザー溶接で消して仕上げたら完成です。

よそで断られたお修理も取り組んでおりますので、お気軽にご相談ください。

またご覧いただければ幸いです。


ブログTOPへ
total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107 E-mail:lives@ninus.ocn.n

2017/10
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017/11
SunMonTueWedThuFriSat
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
営業日・定休日のご案内
定休日:木曜日
営業時間:12:00~20:00
定休日・営業時間外のお問い合わせに関しましては、翌営業日以降に折り返しご連絡させていただきます。
下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
ページトップ
キーワードで検索
Feeds
サイト管理
total jewelry shop LiVES
〒 556-0016
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.Rビル2F‐C
TEL/FAX:06-6167-7107
E-mail:lives@ninus.ocn.ne.jp

Copyright(C) LiVES. All Rights Reaceaved.